現在のジェネリックの主流となったタダリス

ED治療薬の欠点として挙げられるのが、服用タイミングを強制される点です。
基本的に普通のED治療薬は、性交の直前に飲まなければいけません。
性交開始の60分から90前の時間帯に服用しなければ、正しく効用が得られないためです。
また知名度の高いED治療薬の有効成分は、お酒や脂肪分との相性が極めて悪く、
食後に摂取した場合、勃起を補助するメリットの大半が喪失します。
そのために、ED治療薬は原則ランチやディナーを食べる前の摂取が半ば強制されています。
非常に計画的に性交の時間を決める、夕飯の時間帯をコントロールされる欠点がありますので、そういった面倒な側面からED治療薬を利用を断念する方々も多いです。

ところが現在では気軽に服用出来る、タダリスという新しい治療薬が普及しました。
タダリスはシアリス系統の医薬品であり、飲む時間帯が強制されません。
食事に含まれる脂肪分やアルコール成分に影響を阻害されないため、
食前に摂取しなくても、正常に有効成分のメリットがペニスに働き始めます。
デートの内容やスケジュールを振り回されるデメリットがなく、
タダリスであれば、大勢の男性が気楽に服用を始められるでしょう。
効用が効く時間も長く、20時間から30時間といった驚異的な支援時間を持ちます。
そのため、お泊りデートの時であれば徹夜で性交し続けられる、
深夜遅くまで体位を変えながら、様々なセックスが楽しめるといった利点が得られます。

そして、タダリスは副作用が生じる危険度も低いため、初心者向けです。
ED治療薬の欠点を見事に克服したのがタダリスであり、現在ではジェネリック医薬品の主流となりました。
コストも安く、新薬の三割程度で入手出来る点も大きな特長です。